ブリスベンの達人.com[ブリスベンの基本情報]

国際電話をかける

オーストラリアから国際電話をかける場合、公衆電話、携帯電話、宿泊先ホテル、自宅からかけることができます。その場合の番号入力の手順。また、日本からオーストラリアへかける場合も紹介します。

■オーストラリアから日本へ電話をかける場合、以下の順番で番号を入力します。
(例)東京(03)1234-5678
0011(国際電話認識番号)+81(日本の国番号)+3(市外局番から0を除いた番号)+1234-5678(相手先の電話番号)
宿泊先ホテルの部屋からの場合、外線につながる番号を頭に入れます。

■公衆電話を利用する
テレホンカード用、テレホンカードとコイン両用のタイプがあります。基本的に日本と使用法は同じで、テレホンカードもしくはコインを投入後、上記の手順でかけることができます。
テレホンカードはホーンカード(phone card)と呼ばれ、郵便局や電話局、ニュースエージェンシーで購入可能。$5、$10、$20があり、それぞれオマケの度数が加算されている。

■通話料金
市内通話は40¢で時間無制限。市外通話は最低40¢から。時間や距離により加算されます。

■日本からの国際電話をかける場合、以下の手順で番号入力します。
(例)パース(08)1234-5678
マイライン、マイラインプラスの「国際通話」区分に登録していれば・・・
  010(国際電話認識番号)+61(オーストラリアの国番号)+8(最初の0を除く)+1234-5678(相手先の電話番号)
マイライン、マイラインプラスの「国際通話」区分に登録していなければ・・・
  国際電話会社接続番号※(0041、0033など)+010(認識番号)+61(国番号)+8(最初の0を除く)+1234-5678(相手先の電話番号)

※国際電話会社接続番号

固定電話会社名

番号

KDDI
001
NTTコミュニケーションズ
0033
日本テレコム
0041
フュージョン・コミュニケーションズ
0038
メディア
0060
ベライゾン・ジャパン
0071
ぷららネットワークス
009191
平成電電コミュニケーションズ
0083

■各種コーリングカード
多くの国際通信会社が日本まで2時間約$10で通話ができるプリペイド式のコーリングカードを販売しています。コンビニエンスストアやニュースエージェンシー、郵便局などで購入可能。カードといってもほとんどがレシートタイプで(使用方法はレシートに記載)ダイヤル手順は少し煩雑だが、テルストラ系の「Say G'day Card」なら日本語ガイダンスがあるので便利です。


同じカテゴリー(インターネット・電話)の記事画像
インターネットを利用するには
携帯電話を利用する
同じカテゴリー(インターネット・電話)の記事
 インターネットを利用するには (2015-01-09 09:12)
 携帯電話を利用する (2015-01-09 09:10)

投稿日: 2010年12月06日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

はじめての方へ

広告掲載について

ブリスベンの食べる・飲む ブリスベンの観光スポット ブリスベンの現地ツアー ブリスベンのホテル ブリスベンのショッピング ブリスベンの留学・ワーキングホリデー ブリスベンツアー探検隊

シドニーのエリア情報

メルボルンのエリア情報

ブリスベンのエリア情報

ゴールドコーストのエリア情報

ケアンズのエリア情報

パースのエリア情報

エアーズロックのエリア情報


削除
国際電話をかける
    コメント(0)